【感想】dtvドラマ「パパ活」の第一話を観てみた!見所5つをご紹介

◆2017年6月26日(月)より配信開始したdtvドラマ「パパ活」の第一話『今夜泊まるところがないの』を観たので、見どころと感想!
レビューですので、読む方によっては「知りたくなかった」と思う内容もあるかもしれません。レビューサイトを見てそういう風に思うことが多い方はここでストップ願います★

先日、『パパ活がついにドラマ化!渡部篤郎みたいなパパが欲しい!』という記事に書いたように、パパ活がついにドラマ化されました!ということでついに配信が開始されましたのでそのレビューや金子なりのみどころをご紹介したいと思います(*^^*)

dtvドラマ『パパ活』ストーリー

ごく普通の女子大学生・杏里(20)は、母親に恋人ができたことがきっかけで家から追い出されてしまう。

交際中の彼氏にも見放されて、ネットカフェを転々としながら大学に通う日々を送っていたが、あるとき、友人から「パパ活」の存在を聞く。

最初は消極的な杏里だったが、生活費を稼ぐために登録したパパ活サイトを通じて航(45)という男性と出会い、その日は彼が契約するマンションの一室で一人で眠ることに。

数日ぶりの眠りに安堵した杏里だったが、翌朝思わぬ形で航と再会することに。杏里は航を取り巻く隠された真実に直面していく…

dtvドラマ「パパ活」特設サイトより引用

パパ活の定義

こちらのドラマ内でも、『身体の関係なし。デートをするだけで金銭的援助をしてくれる男性との交際』と定義されています。

※身体の関係を持ってしまえば、それは援助交際・売春となりますのでご注意を。

第一話の見どころ5つ

1. 出会い系サイトを使う際のコツ

最初の方の場面で、主人公は仲の良い友人にパパ活をすすめられます。

『それならパパ活すればいいじゃん。サイト内で登録するだけで女子は無料だし。』

それ援交じゃないの?と疑う主人公に対してこの友人は、

『セフレ募集じゃないってきっちり書いとけばいいだけじゃん。いるんだって、意外とお金持ちのおじさまって!クラブとかキャバとか飽き飽きして、なんか夢持ってる女子に援助したいって。適当に、留学したいとかなんでもいい。私なんか四人も掛け持ちしてる。』

と。きちんとパパ活をする上でのポイントをおさえています。でも間違っても「パパ募集」とは書かないでくださいね!

※詳しくはコチラ『出会い系サイトでのルールって何?!「パパ募集」と書くのが絶対に禁止な理由

「一階のデートで二万で、週一って…いやいやそんなうまい話!」と慌てる主人公に対しては、

『サイト内で会話してよさげな人にだけ写真公開すればいいし、名前は適当。年だけごまかすと会った時あれだから、生年月日だけはね。』

こちらもごもっとも。また、出会い系サイトには年齢確認があるので、生年月日を適当に入力してしまうと後々メッセージ機能など何も使えなくなってしまいますのでご注意くださいね☆

写真などの個人情報について心配する主人公には、

『万が一?Facebookの悪用されたって言い訳すればいいじゃん?』

といって主人公の携帯で出会いサイトへの登録を完了してしまう友人。この手法も今から二年前にパパ活.com内でご紹介しています。

このやり取りには出会い系サイトでパパ活をする際におさえておきたいポイントがいくつも含まれていました。さすが大手の会社が作ったドラマです。リアルに描かれています。

ただ一つ個人的な意見を言うのであれば、ドラマ内で【パパ活専用サイト】みたいなものが出てきたのですが、現実にはこんなものはなく(笑)、あったとしてもそこで出会うパパには体の関係を要求されてしまう可能性が非常に高いです。やはりあくまでも、普通に出会い系サイトでリッチな人と繋がる→身体の関係なしのパパに育てていくという流れがベストだと金子は思っています。

sp-pcmax1

2. 色々なタイプの男性が登場

友人が登録したサイトにアクセスしてみるとたくさんの連絡が来ていることに驚く主人公。主人公は出会い系サイトで出会った男性達にとりあえずどんどん会っていきます。出てくるのは3人のパパ候補。

一人目は丸々としていて小さなサラリーマンらしき男性。映画を観に行くと、暗闇の中で手を握られてしまいます。ぞっとする主人公。

二人目は頭がつるんとした、ちょっと勘違いしちゃってる系の男性。カラオケに行きますがどう反応してよいかわからない様子の主人公。

そして三人目はお金持ちそうな若めの男性。サラリーマンというよりは実業家っぽいです(勝手な印象です)。パパ活でお決まりの高そうな鉄板焼きを食べています。アブラギッシュな男性を見て無理ーーーと逃げ出す主人公。

結局お小遣いの前にすべて逃げ出してしまいます。パパ活を始めたころ、よくある話ですよね(笑)このあたりもリアルだなーと思いました。金子も何度も途中で逃げ出したことがありました(笑)

3. 渡部篤郎のパパキャラ

これはきっと観た人にしか伝わらないのですが、「雑な扱いでしょ」という投げやりなセリフにも紳士さを感じてしまいきゅんときた金子です。

渡部篤郎さん演じるパパは既婚者です。夫婦関係にも注目ですね。子供はいないよう(まだわかりません)。まだ一話目なので詳しいことはよくわかりませんが、今のところクールでちょっと冷め切ったような印象を受けます。でも優しい、という所謂魅力的なパパのキャラなのではないかなと予想しています。

4. Les Liaisons dangereusesという本

ドラマに度々登場する一冊の本があります。Les Laiaisons dangereusesという本です。渡部篤郎さん演じるパパが読んでいる本の題名なのですが、これは日本語で『危険な関係』という意味です。実在する本で、1782年にコデルロス・ド・ラクロさんというフランス人作家によって書かれた書簡体小説だそうです。

❝危険な関係❞というワードが今後どうストーリーに絡んでくるのかが楽しみですが、これは大事なキーワードになりそうですね!

5. 本当の自分を見せた主人公

泊まるところは結局見つからず、家族にも彼氏にも友人にも始めたばかりのパパ活にも疲れ切ってしまう主人公。

そんな思いをぶちまけてしまった相手が、渡部篤郎さん演じるパパでした。きっとこの時主人公は、もう自分を売ってしまってもいいやーと思っていたのではないかななんて勝手に思ってしまいました。しかし、こうして本音をぶつけたことでこの関係が始まっていったのでしょうね。

さいごに

これは二話目も絶対に見逃せないですね!次回の配信も本当に楽しみになりました。

また二話目のレビューもお楽しみに!(*^^*)♡♡♡♡

sp-pcmax1

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

%e7%84%a1%e6%96%ad%e8%bb%a2%e8%bc%89