【感想】dtvドラマ「パパ活」の第三話を観ました!パパ活とはこれだ!

◆パパと娘のような関係になることを決意した第二話。第三話ではどのような進展があるのでしょうか。

第三話「淋しがりやの飼い主」

表参道で買い物-お誕生日-

「お金の方がよかった?本来、会うたびにお小遣いを渡すっていうのがシステムなんじゃ?」と渡部篤郎さん演じるパパが聞きます。「それはたぶん個々の取り決めかと…」という主人公。パパから娘へのプレゼントとのことです。

二人が向かったのは定番、ヴァンドーム青山。

そこで出会ってしまった一人の女性。主人公を見て、「ふーん。」というこの女性。パパは思わず立ち去ってしまいます。置き去りにされる主人公とその女性。女性はなんと「パパ活中」でした!笑

友人のパパ活トラブル

しつこくなってきて切ろうとしたパパに他のパパといるところを見られてしまい、けがをしてしまった主人公の友人。あの、名言を残しがちな女友達です。笑

パパ活にはトラブルもつきものということを伝えたくて描いたのでしょうか。なかなかけがをした人というのは聞いたことがないですが、都内は狭いですからね、無きにしも非ずですね。気を付けましょう。

パパは実は以前もパパ活をしていた

パパは、2話で紹介された交際クラブで、前もパパ活をしていたようです。主人公に「ふーん」と言い放った女性はその相手だったようですね。

ちなみに本当は独身なのに妻帯者と嘘をつくパパもいるそうですよ。重くならないようにだそうです。気をつけましょう。

パパの以前のパパ活相手

主人公に、パパとどこで出会ったのかと聞かれ、

「ものすごく高い秘密クラブね。」

というその女性。なんとその女性は渡部篤郎さん演じるパパに未練があり、恋をしていることが発覚します。

主人公は、パパとの関係をその女性に対して

セフレ募集じゃない、ただ応援っていうか、援助っていうか。

と説明します。それに対しその女性は安心します。また奪い返したいようです。

そして、その女性は重大な秘密を暴露します。

パパの娘さんはなくなっていた

その娘さんと誕生日が同じだったと知る主人公。そしてその以前の女性も同じ誕生日だったそう。

本気で娘の代わりを探してる。素敵だけど、病気よ。

というなんとも不思議なセリフを吐いて去っていきます。さすがドラマです。

複雑な人間関係

パパの奥様の浮気相手はパパの友人でもあるのですが、なんとその男性、主人公のバイト先のオーナーでもあることがしれーっと発覚します。笑

狭い世界ですね。

恋をしてしまう=パパ活が台無しという方程式

前のパパ活の相手の女性は、渡部篤郎さん演じるパパに恋をしてしまったから、切られてしまったのですね。そのことに気が付き、更にそれをパパ本人にぶつける主人公。

「きみはそうならない自信があるんだね」「妻を愛してる」と言うパパ。ということで、パパと娘の関係が始まります

しかし、私から見ると主人公はパパに魅力を感じ初めているようにも見えてしまいます。どうなるのでしょう…どきどき。

さいごに

なんでしょう…、このドラマに関しては、なんだかパパ活っぽくないというか…すこしそんな感じもしてきました。なんだか、リアルなパパと娘の関係というか、それがリアルすぎるというか。パパ活の中で私は自分が本当の父親に怒るようにパパに怒ったりしないので、なんだか違和感を感じなくもない…というのが正直な気持ちです。

しかしタイトルは「パパ活」。今後も追っていきたいと思います(*^^*)

sp-pcmax1

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

%e7%84%a1%e6%96%ad%e8%bb%a2%e8%bc%89