パパ活初心者さんは必見!初心者完全ガイド2018を読んでパパ活を始めよう!

パパ活.comは2015年より運営している、最も歴史のある老舗パパ活サイトです。

パパ活に関する全ての情報を簡潔に1ページにまとめました♪

パパ活とは

パパ活とは、肉体関係を持たずに金銭的援助を行ってくれるあしながおじさんのような存在の男性(パパ)を探す活動のことです。肉体関係を持つ“愛人関係”とは違い、お小遣いをくれたりショッピングに連れて行ってもらう関係を指します。

中にはパパ活を援助交際の裏用語として使用する人もいますが、テレビ等や雑誌のメディアやこちらのサイトでは、身体の関係を持つ関係を愛人や援助交際、身体の関係を持たない関係をパパ活と呼びます。実は私、テレビにも雑誌にもパパ活関連で関わらせていただいておりますので間違いありません☆

パパ活の歴史

昔から海外ではPatron(パトロン)という言葉がありました。パトロンは【経済的な支援者】という意味ですから、パトロン=お金を出してくれる人ということです。パトロンというと、どうしても愛人というイメージが付き纏うような気もします。肉体関係を持ち、秘密の若い恋人におじさまがお小遣いを渡す…みたいなドラマでよくあるような光景が浮かびます。

しかし、2015年頃から登場してきたパパ活は少し違います。一般の若い女の子達が出会い系サイトなどのインターネットサイトを使用して男性と出会い、デートをすることでお小遣いを稼ぎ始めたと言ったらわかりやすいでしょうか。一緒にランチやディナーをする。カフェで話す。ちょっとドライブする。買い物に行く。これが「パパを探す活動」の略でパパ活と呼ばれるようになりました。

愛人関係・援助交際との違い

「パパ活」という言葉を、援助交際の隠語や愛人契約募集の際に使う業者さんがいるため混同されがちですが、シンプルに言ってしまえば肉体関係を持つか持たないかの違い。細かいことを言えば…

愛人関係

愛人契約は、定期的に会う約束をし、肉体関係を持ち、その対価として金銭を受け取る契約ですよね。これが愛人関係(法的には一切無効)です。どちらか一方が既婚者だった場合、また両者とも既婚者だった場合は、肉体関係を持っているため不倫とみなされ、不法行為(民事)に問われる可能性があります。

援助交際

援助交際は、「一度の肉体関係で○○万円」といったような性行為を金銭で買収する行為です。こちらは売春の罪(刑事)に問われます。日本の法律では認められていない立派な犯罪ですので、出会い系サイトも厳しく取り締まっていますし、普通に警察に捕まります。

パパ活

愛人や援交と違ってパパ活は、肉体関係や恋愛感情を一切持たないため、民事の不法行為、また刑事の売春罪に問われることはありません。友人、カップルと同じ扱いなので、法律に触れないのです。

パパ活は罪に問われるか否か

以下、テレビのパパ活特集で弁護士さんが公言していました。「肉体関係がないため不倫にならない」「好き・愛してるなどの愛の言葉もないため不倫にならない」「お金やプレゼントは『譲渡』とみなされ、友人間でお祝いをしたりプレゼントを渡すのと同じ扱いとなる」この3つの理由から、パパ活は全く違法ではありません。

簡単に言えば、キャバクラやホステスの個人営業のようなものだと思っています。

※肉体関係を持ちその対価として金銭を受け取った場合は、売春/援助交際の罪に問われます。嘘をついて金銭をだまし取った場合は、詐欺罪に問われます。

現代のパパ活

2016年から徐々に広まったパパ活、2018年現在ではパパ活で月に50万円以上稼ぐ女性達も続々と出てきています。私は2012年からずっと月30万円以上色んな形で稼いでいます(詳しくは別記事にたくさん書いています)。2017年頃からはテレビでもパパ活の特集が組まれており、世間に「パパ活」という言葉が広まってきています。

Amazonパパ(=必要なものを全てAmazonで自宅に届けてくれるパパ)などというパパに関する新しい用語も出てきていて、なんだか面白いなと思ってしまいます。

パパ活を始める前に

男性が身体の関係なしにお金を出すというのは、その動機は大きく二つくらいしかないのではないでしょうか。
tej
それは、誰かを応援したい時助けてあげたい時です。

つまり、「食事をしに行ってあげているんだから、お金がもらえて当然」といったような考えを持っている方がいたとしたらそれはすぐに捨てて、応援してあげたい・助けてあげたいと思ってもらえるような仲になる努力をすることに集中してみてくださいね。

パパ活のやり方

パパ活なんて初めて知った!聞いたことはあったけど、実際どうやって始めるの?と思われる方もいらっしゃると思うので、パパ活の始め方をご紹介します。

始めるための条件などは、特にありません。独身でも、既婚でも、お子様がいてもできます。年齢も出会い系サイトが使える18歳以上(18~20歳の学生さんはNG)であれば、上限はありません。これまでは18~30代くらいがベストと書いていたのですが、現在私の周りに毎月20万円のお小遣いをもらっている50代の女性がいます。容姿がものすごく美人という訳でもありません。しかし、自信に満ちていて、明るく、本当に可愛らしい方です。

パパ活の手順

まずは大まかな手順をご紹介します。

①インターネットサイトに登録する
②プロフィールを充実させる
③パパ候補を検索する/掲示板機能を利用する
④やり取りを行う&会う前に相手をたくさん知る
⑤実際に会う
⑥お小遣いをもらえるようになる
⑦継続的に会う

それでは一つ一つ詳しく見ていきましょう。

①出会い系サイトに登録する

極力自然な形でお金持ちの男性と出会いたいので、ワクワクメールを始めイククルJメールなどの大手出会い系サイトで探します。運営会社が信頼できる会社であること、男性会員数(=パパの母数)が多いこと、機能が充実していてパパ活をするにあたって使いやすいサイトであることが最低条件です。

一度アプリをダウンロードすると、アプリを消したとしてもダウンロード画面に履歴が表示されてしまうので私はおすすめしていません。インターネットブラウザからの登録&使用おすすめします。

後々、盛り上がったところでメッセージのやり取りが出来なりせっかくのチャンスを逃しては困るので、プロフィール設定の前に必ずここで年齢確認&本人確認を行います。

②プロフィールを充実させる

出会い系サイトを使い始める前まではプロフィールの重要性がわかっていなかったのですが、ここで第一印象が決まります。明るそうなのか、落ち着いていそうなのか、いい人そうなのか、マメそうなのか、知的そうなのか、美人そうなのか、多趣味そうなのか、インドア派なのか…男性は全てこのプロフィール画面の情報から判断します。

お金持ちは明るく聡明で知的な女性を好みます。適度にギャップを見せながら、既にプロフィールで掴めるくらいアピールしておきましょう☆

③パパ候補を検索する

ほとんどの出会い系サイトにあり、とても便利だと思っている機能が年収検索機能です。男性の年齢や住んでいる地域だけでなく、年収まで検索がかけられてしまうのでこれを使わない手はありません。また、サイトによっては役職検索も出来たりするので是非使ってみてください。パパ活には欠かせませんし、本当に便利です。

③掲示板機能を利用する

個人的には自身で詳細検索をかけてその中から候補を絞っていくやり方がハズレが少なく最も効率が良いと思うのですが、それと同時に活用したいのがどの出会い系サイトにもある掲示板機能。待つ側として一般募集ができる機能になりますので、ここでもお金持ちにしかわからないようなキーワードでアプローチしてくる男性を絞ってみるといいかもしれません。例えば、「ロブションに行ってみたいです」と書き、“ロブション”と“ロブションの相場”がわかる男性しか寄ってこないようにする、といった方法です。「ポルシェに乗ってみたいです」「フェラーリに乗ってみたいです」などもわかりやすくて良いかもしれません。

④やり取りを行う&会う前に相手をたくさん知る

ここで相手のことをたくさん聞きます。職業や趣味から、どれくらいお金持ちなのかを判断します。自分のことも話します。信頼関係が全てです。パパ活中ということははっきりと言わない方が後々うまくいくことが多いです。

サイトを通してメッセージのやり取りを行うのですが、こちらは先程の年齢確認&本人確認が済んでいないと途中で使えなくなってしまうので気を付けてくださいね♪

財布の紐がかたい男性、ケチな男性はすぐにLINEのIDを聞いてきたり、送りつけてきたりするでしょう(笑)こういう男性は避けても良いかもしれません。LINEを教えたくなければ、カカオなどを活用してみてください。

⑤実際に会う

この人は間違いなく余裕があるな…社会的地位も高くて危なくないな…と確信したら、会ってみます。必ず、人の多いところでです。食事処やカフェにしましょう。いくらメッセージ上では違うと言っていても相手の男性が身体目的の場合もあるので、人目の少ない公園やホテルはとりあえず避けてくださいね。

次の最終目標があるので、できればお店が近くにあるところを選んで下さい。私は東京だと銀座あたりを選びます。

⑥お小遣いをもらえるようになる

会って1~3回目で、どんな形でも良いのでお財布を出してもらう等の目標を決めます。なんでも良いです。「この子は会えば多少のお金がかかる子だ」ということをわかって、受け入れてもらうことが目的です。

ご飯代やお茶代、またちょっとした飲み物等はご馳走してくれることが多いですが、その他のものはどうでしょう。例えば急に絆創膏が必要になった時、薬局に寄ったらその代金を払ってくれるでしょうか。ICカードにあまり残高がないと言った時に、チャージをしてくれるでしょうか。最初はその小さな金額を快く出してくれるかどうかが、パパ候補を見極めるポイントだったりします。まずはこういった現金以外のちょっとしたプレゼントから始めるのもポイントです。

それが普通になってくると、男性は女性にお金をかけてあげることへの抵抗がなくなってきます。「美容院代として」「化粧品代として」「ネイル代として」と何かと名前を付けながら、現金(=お小遣い)をくれるようになることが多いです。

※嘘をついてお金をだまし取るのは詐欺罪ですので、それとは区別してくださいね。

⑦継続的に会う

私は会う度に必ず次の予定を決めることを心がけています。メール等のやり取りだとグダグダとなって流れてしまうこともあるため、話が盛り上がっている時に次の日程まで決めてしまいましょう。

定期的に会うようになりこれが定例化してくると、毎回パパの方から「足りてる?」「大丈夫?」と聞いてくれるようになります。それが“普通”になった時、あなたも自然とパパがいる女性になっていることでしょう。

パパ活のコツ・テクニック

なんとも簡単に聞こえませんか?ここまで読んでも、ほんとにそんなことだけでパパができるの?と思っていらっしゃる方もいるかもれません。

そうなんです、実際はこんなに単純ではなく、いくつかの押さえるポイントがあります。

パパ候補の選び方

社会的地位の高い方。これに尽きます。収入が多い方よりも、気前の良い方よりも、社会的地位の高い男性がおすすめです。こういった男性は実はパパ経験がある方も多いので、こちらから根回しをしなくてもすぐにわかってくれる場合も多いです。また、男性としてのプライドもありますし、女性の扱いも心得ています。

社会的地位が高く、女性の扱いを心得ている、見た目は地味でも心が豊かで、食事・車・旅行・投資・スポーツなどの趣味に惜しみなくお金をかけている男性を探してみてください。

食事だけで、いくら希望?

会う前にこの質問を投げかけてくる男性、多いです。ちなみに、これは失敗の可能性が90%だと思った方が良いかもしれません。

まず、これを聞かれてしまうということは、パパ活中ということを言ってしまっていますね、もしくは言っていなくてもバレてしまっています。プロフィールに「サポートしてくれる男性を探しています」のようなニュアンスの文章を書いてしまった時によく起こる気がします。

ちなみにこれに喰い付いてくる男性は、99%身体目的です。初回はそういった素振りを見せずに、数回目から迫ってくる男性はたいていがこのパターンの男性です。困っている女性を利用しよう/買おうとしているだけですので、これでは長期的なパパ活は見込めません。まずはプロフィールから、パパ活の進め方から見直してください。

パパ活において大切なこと

パパからみた『パパ活』とは】という記事にも詳しく書いていますが、パパ達は、その女性のことがとても好きで、なんとか助けてあげたいから、なんとか元気になってほしいから、なんとか幸せな顔がみたいから、その手段としてお小遣いを渡すそうです。

昔、『何とも思っていない子/しっかりしていない子/魅力のない子に、汗水たらして稼いだお金を渡したいとは一切思わない。500円ですら渡したくない。』とパパが言っていました。確かに…と妙に納得してしまったのを覚えています。

まさに、出会い系サイトで突然「お食事のみでお手当いただけますか?」と聞いてしまう女性が抱かせる、男性側の怒りの原因です。「なぜ、大切なお金をただただあげないといけない?」となるそうです。こういったエピソードはパパ活あるあるな気もしますが、こういう女性はそれだけでその男性の中で格が下がり、体目的になったり興味を失ったりするそうです。

出会い系サイトで出会った女の子に、会って1~3回で「じゃあ今月から100万円あげるね♪」みたいなことを言って実行してくれる男性は、いません!(笑)

パパ達に魅力的な女性だと思ってもらう、この子になら大事なお金を渡したいな、この子に使ってほしいなと思ってもらえるような言動を取ることを心がけることがパパ活をする上で一番のポイントかもしれませんね☆

みなさまに、素敵なパパが見つかりますように(*^^*)

sp-pcmax1

%e7%84%a1%e6%96%ad%e8%bb%a2%e8%bc%89